忍者ブログ
彩楽の活動記録と管理人のつぶやき
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
オーボエ ほりかわです!

いよいよ、本番が近づいてまいりました…!!!

本日の練習は、まず合奏、、
代振り担当でしたが、いつもテンパります。
みんな、すいません。しみちゃん、たすけてくれて、ありがとう(@ ̄ρ ̄@)笑
福田先生が不在の時は、二名体制で代振りしています。1人よりも心強いですね。

そのあとは、毎回楽しみなトレーナーレッスン!
\\\\٩( 'ω' )و ////

彩楽では、定期前に木管・金管パーカスで分かれて、プロのトレーナーさんをそれぞれお招きし、曲を見て頂いております(*´ω`*)

木管の先生は、今回のメインのアルメニアンを何度も吹いてらっしゃる方なので、どの指摘も的確で、短い時間で、魔法がかかったようにステキな音楽に変わっていきました(゚ω゚)ォォォ
ちょっとの意識でこうも変わるとは!!と楽しくて仕方なかったです。

彩楽はエッジの効いたサウンドが魅力だけど、豊かで、そして色々な表情の音作りが出来ると更によいとアドバイスを頂き、燃えました( *`ω´)残りの時間、練習に励んでいきます!

あとは、チカラを抜くことも大切かなぁと。
メリーゴーランドとか、木管みんな目がマジすぎますからw どMすぎますよ!クラのみなさん!笑

アルメニアンダンスは、吹奏楽経験者なら誰しもわかる大人気曲で、みんなそれぞれのアルメニアンダンスが頭の中にイメージとしてあるんじゃないかなぁと思っています。お客さんも。私も。
個人的には、そのイメージや理想に踊らされて、逆に難しく考えちゃったり。
なので、せっかくだから…彩楽らしいアルメニアンダンスを披露したい!!と思います。楽しんで聞いてもらえると、うれしいなぁ。

来週はゲネプロ!

長くなっちゃいましたが、12月17日、14時より
杉並公会堂にて、お待ちしております(^ω^)

拍手[3回]

PR
こんにちは。パーカッションのみうです。
更新が遅くなってしまい、申し訳ないことです。


本題の先週の練習です。とうとう本番一か月前を切ったということで、合奏ではほぼ全ての曲を通して演奏しました。
だいぶ完成度は上がってきましたが、同時にできていないところも見えてきます。残りの練習日数は少ないですが、集中して詰めていきたいです。


練習内容は他の皆が書いてくれると思うので、この時期のパーカスのお悩みについて少し書こうと思います。
お悩み…それは楽器の手配です。
一人ひとり楽器を持っている管とは違い、パーカスは共有しています。
学校や大きな団では、大型楽器も含めて楽器を所有していますが、彩楽では所有しているものがほとんどないため、借りなければいけません。
幸い、大半の楽器はお借りできるあてがあるのですが、毎回借り先に苦労をするのが、『チャイム』と『ビブラフォン』。
『ビブラフォン』は割とどこにもあるのですが、実は機種によって音域がいくつかあり、足りないものが多いんです。今回もあちこち探しました…
もし、持っていて、貸せるよ!という方がいらっしゃいましたら、ご一報お待ちしています(笑)


まとまらなくなりましたが、この辺りで失礼します。
お読みくださり、ありがとうございました!

拍手[2回]

こんにちは、トランペットパート宮下です

合宿1日目のあさ…

目が覚めると7:15、バスが出発するのは7:30
集合場所までの所要時間30分.............え......間に合わない...............
どう頑張ってもバスに間に合わない..........
ようやく状況を理解したとき顔から血の気がひいていきました。
これは、寝坊だ................................................

必殺!!さざなみ号を使い、なんとか昼前に到着。
関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
この場を借りて謝罪いたします。申し訳ございませんでした!!!!!!!


さて、
合宿1日目は、パート練習からスタート。
普段の練習ではなかなかパート練の時間はとれませんが、
合宿では基礎練から、曲の細かい部分までみっちりパートであわせていきます。

トランペットパートでは、ある曲の演出練習にたっぷり時間を使ったとか...
演奏しながら演出、一度に2つのことをやるのって大変...
トランペットパートは、演出に大苦戦!!
まだまだ本番にむけて精度を高めていきます、!
どの曲のどんな演出かは、演奏会に来てからのお楽しみ♪

合奏では、演奏をよい方向にもっていくためにはどうしたらよいのか
みんなで試行錯誤しながら進めていきます。
他のパートはこんな動きをしてたんだ!、ここはこんなパートと絡み合っていたんだ!など
新しい発見もたくさん。
頭の使う合奏はとっても疲れます。


そして......お楽しみの夜♡
3部で演奏するララランドメドレーの参考のため、宴会場の大きなテレビでララランドを鑑賞。
聴いてるだけで自然と踊りだしてしまうにぎやかな音楽、切なくて胸がぎゅっとするストーリー。
みんなでワイワイ騒ぎながら観るララランドは感動も倍増!
演奏会にお越し頂く前に、ララランドをみればより一層お楽しみいただける、かも?

みんな深夜(早朝?)まで、飲んでしゃべって楽しい時間!
1日目からとってもとっても濃密な一日になりました。

拍手[1回]

日記を書くのは久しぶりです。
どうも、パーカスの森下です。
合宿も2日目となると、二日酔い練習疲れが見えてきますが、2日目の午前はパート練習と決まっています。このタイミングのパート練習は非常にありがたくて、前日の合奏で指摘された点を個人やパートで練習することが出来ます。
今回のパート練習で印象的だったのはダンスの練習をしたことですね。今回演奏するのはアルメニアン「ダンス」ということで、8分の5拍子で踊りました。
僕の踊りはパーフェクトのはずですが「義務感がすごい。」「兵隊みたい。」などと言われたのは今でも納得がいかないですね。
他にもリズムの要である、ティンパニ、バスドラ、スネアでパートを交代して練習もしました。僕の本来の担当はバスドラですがティンパニをやったおかげで曲の感じを掴むことが出来ました。良いパート練習でした。
ちなみに今回の定期演奏会は4人でジャズコンボもやります。チャーリー パーカーのドナ リーという曲なのですがジャズドラムは難しいですね。
今まで演奏してきたのはJポップからハードロック、S&B、はたまたフュージョンからビッグバンド、自作のポストロックなど幅広く経験してきたつもりですが、どれとも違う。
まだ模索中ですが、ハイハットの2, 4で踏むのがリズムが要なのかなと思ってます。だから踏み方にも気をつける必要があって、今までの癖で柔らかく踏んでしまうのは今回NGです。もっとキレが良い音になる様に踏んでグルーヴを出していかないと雰囲気が出ないですね。右手のライドシンバルも普通の3連符のハネ方だと意外とのっぺりしたグルーヴになるので、少し16分音符寄りでハネる必要があるのも初めて経験しました。
ドラムソロもあるんですが「そのソロはロック過ぎる。」「もっと歌う様なソロが良い。」などメンバーの指摘は正確ながらも厳しいです。とはいえ最近は少し出来る様になりましたかね。
他にもスティックの持ち方の違いとか、ドラムとラテンパーカッションに求められる才能の違いとか色々と書きたいことはあるんですがキリが無いのでこれくらいにします。
12/17の本番で皆様とお会い出来るのを楽しみにしております!

拍手[2回]

今日の日誌はテナーサックスの菅沼です。
初担当です、よろしくお願いします(*´-`)

今日からロング練がスタートしました!
定演まであと1ヶ月半!
いよいよ追い込みの時期です。

今日は練習の最後にアルメニアン・ダンスパートⅠの合奏をしました。
そこで福田先生からこんなお話がありました。
「自分の理想の音楽を求め、真似し、上手くなろうと近づくことは否定しないが、彩楽でやることの意味も考えて、もっと音でアピールして欲しい。ここでやることの良さを引き出したい」と。
賑やかで楽しい雰囲気の中進められる合奏もこのときはみんなしんとして、先生の言葉に耳を傾けていました。
で、私の率直な感想は「むずかしーーー!!」でした(笑)

先生もおっしゃっていましたが、アルメニアン・ダンスのような有名な曲は色んな人が演奏しているからこそ、プロや他団体の演奏、もしくは過去の自分の演奏と比べてしまうかもしれません。
だからこそ、今の彩楽でこのメンバーでやるからこその良さを、1人1人が考えて音で表現することで「彩楽のアルメニアン・ダンス」が完成するのでしょうね。

私もですが、練習の時間が多く取れない週一プレーヤーにはなかなかキツイ課題です(苦笑)
来週の合宿でみっちり音と向き合って、体現できるといいなと思います。
千葉の海沿いは寒そうですが頑張ります!笑

拍手[0回]

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
すぎなみ彩楽ウィンドシンフォニー
性別:
非公開
職業:
吹奏楽団
最新コメント
[06/15 yosuke]
[06/15 マユ]
[12/26 浜田]
ブログ内検索
最新トラックバック
最古記事
(03/07)
(03/14)
(03/21)
(04/02)
(04/10)
バーコード
P R

Copyright (c)彩楽 活動日誌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]