忍者ブログ
彩楽の活動記録と管理人のつぶやき
[131]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。いつの間にやら彩楽御局担当、Perc.西塚です。

彩楽に来て早2年半。本番に乗せていただくのも今回で4回目となりますが、
最初の顔面蒼白胃痛祭だった頃が懐かしく思い出される今日この頃です。笑


さて、この日は各指揮者ごとに前回のゲネを受けて気になる点を
丁寧におさらいしていきました。

どの曲にも云えるのはやはりテンポのようです。
耳で寄り添うのも無しではないんでしょうが、
距離や音の早さは楽器毎に違いますから指揮者をしっかり見て
合わせていきたいですね。

そして、楽しい!\(^o^)/ヒャッホーイ
と云う勢いだけではなく、スッと落ち着くところは落ち着いて。

漫画でも実生活でも、普段おちゃらけキャラの人が急に
大人な振る舞いをすると『おっ?』と思ったりしますよね?
所謂ギャップ萌えってやつですが、締めるとこは締めることで
良い部分がより引き立ってくるのは音楽にも通じる気がします。

最後に『集中力』。曲の終わりまで楽しみながら集中するって難しいんですけど、
指揮者の方々と繰り返し練習してきた丁寧な演奏をそのまま提供できるように
心掛けたいものです。

---雑談---

さて、チラシにも載っていますが今回演奏する我らが福田先生作曲の
『さくらのうた』。人によって曲のイメージは其々あると思うのですが、
私がこの曲を演奏していて頭の片隅に浮かぶのは『初恋限定。』(ハツコイリミテッド)
と云う漫画の第9話「その思い出には満開の」なんですね。

某有名週刊少年誌で連載していたので読んでた人もいるかしら?

(最初は綺麗な桜と別れのイメージで『秒速5センチメートル』も
浮かんだのですが、あの主人公のグズ欝加減とはちょっとイメージ違うかなぁと。)

月並みな紹介をするとすれば、桜の絵とそれにまつわる美術部員の切ない恋と、
登場人物達それぞれの成長が描かれたお話です。
(私にもこんな青春時代が欲しかった…orz)

恋に限らず、たくさんの人との関わりを以て悩みつつも
成長して自らの足で前に進むことができるようになる出逢いと云うのは、
そこにどんな別れがあったとしてもこんなに素敵なものはないですね。

そこはかとなくメロディは切ないのですが気持ちは優しく明るく、
それでいてしっかりと踏み出す。

この曲を演奏する時はいつもそんな思いでいます。

 残すは前日練習、そしてついに本番ですね。
彩楽らしい音楽を提供するために最後まで集中していい演奏を残しましょう!

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
すぎなみ彩楽ウィンドシンフォニー
性別:
非公開
職業:
吹奏楽団
最新コメント
[06/15 yosuke]
[06/15 マユ]
[12/26 浜田]
ブログ内検索
最新トラックバック
最古記事
(03/07)
(03/14)
(03/21)
(04/02)
(04/10)
バーコード
P R

Copyright (c)彩楽 活動日誌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]