忍者ブログ
彩楽の活動記録と管理人のつぶやき
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。
彩楽の口うるさい古株、生きた化石団員こと山田です。

今日は、いつも練習場所としてお借りしている井荻中にてオータムコンサートでした。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
三連休なのに土日ずっと家を空けていたので
ヨメ様のためにも打ち上げは一次会で引き上げて
家でこの日記を書いています。

春・秋の定番になってきたこのコンサートは、
普段お世話になっている地域の皆様へのささやかな恩返しですが、
校長先生などもいらしていただいたのは嬉しい限りでした。
毎回足を運んでいただいている方もいらっしゃるようなので、
今後も継続していきたいですね。

コンサートの構成は、定番になってきましたが
1部 アンサンブル
2部 合奏

アンサンブルは今回、
打楽器
クラリネット
フルート
リコーダー

の4団体でした。
クラリネットの団員があんなにいることに感動。


前回の加地さんの日記同様、僕も2団体参加しました。
打楽器、リコーダー、そして合奏ではファゴット。
八面六臂の活躍とは程遠く、お客さんにとってはよく分からない存在だったかも知れないです・・・

元打楽器ということで参加しましたが、
鍵盤楽器の難しさを改めて感じました。
「ただ叩けばいい」では済まないですし、実際は「ただ同じように叩く」ことすらすごく難しいんです。
楽そうに見えて大変なんですね。打楽器パートってすごい。

リコーダーではソプラノリコーダーを吹いて、某有名マーチのメロディパートを担当しました。
普段は中低音パートしかやらない身としては実に新鮮で、
すごく楽しい反面、メロディを吹き続けることの大変さを痛感しました。
それぞれパートによって色々な課題があるんですね。

自分が普段やらないパートを、こういう機会にやってみるというのは
すごく勉強になるんだと、今回のアンサンブルを通して思ったわけです。
慣れない分、本番でミス連発だったのは内緒ですが(笑)


2部ではアンコールも含め4曲演奏しました。
皆さん聞き馴染んだ曲もあったので、
楽しんでいただけたんじゃないかと。

やっぱり本番は楽しいですね。
今年に入って団員も増えて、音に厚みが出てきたように思います。
ここらでそろそろダブルリードパートも補充を・・・

「本番に強い」というか、「本番好き」な演奏スタイルは相変わらずなところから察すると、もはやこれは楽団の特性なのかも知れないとも思いました。
あとみんな「キラキラ」よりも「ギラギラ」した音の方が好きに聞こえるのは僕だけでしょうか・・・笑
いや、でもそれも含めて彩楽の魅力なんだと思います。


年寄り臭く長々と書いてしまいました。
しかも自分のことばかり。
これからは12月の定期演奏会に向けて曲の仕上げに入っていかないとですね。
みんな楽しく乗り切っていきましょう!!

拍手[15回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
すぎなみ彩楽ウィンドシンフォニー
性別:
非公開
職業:
吹奏楽団
最新コメント
[06/15 yosuke]
[06/15 マユ]
[12/26 浜田]
ブログ内検索
最新トラックバック
最古記事
(03/07)
(03/14)
(03/21)
(04/02)
(04/10)
バーコード
P R

Copyright (c)彩楽 活動日誌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]